雪だるまブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

これは今日よりもう少し雪があったころの写真です

「ばんだい×2」を出ちゃいまして(^_-)-☆

景色④

国道115号線に出まして福島方面に向かいます。進行方向左側に磐梯山と、それから「ファミリースノーパークばんだい×2」のゲレンデが見えます。

さて、この地図は、覚えている方もいらっしゃると思いますが、いつぞやご紹介した地図です。


広域地図
安達太良山の山頂と磐梯山の山頂を結んだ線のど真ん中あたり……のお話でしたね。その場所に向かって走りました。


景色①

大体地図の黒丸印に近いあたりの国道115号沿いの路肩に車を置いて写しました。
まずこれが真西に見える磐梯山です。「ばんだい×2」のゲレンデは左側の山に阻まれてみることはできません。残念、残念……



景色②

そしてこれが、振り返って真東を見たときの写真です。正面遠くに見えるのが、安達太良連山です。二本松や本宮から見たあの秀麗な安達太良山とはちょっと違い、ぐっと男性的でごつごつした印象ですね。

景色③

そして、さて、これは何でしょう?
これも以前このブログで紹介した。ちょうどこのあたりに飛んできたと思われる大岩たちです。磐梯山の噴火か安達太良山の噴火かどちらからはわからないようですが、このように、今は雪原ですが、このあたりはグリーンシーズンは畑地帯です。そのところどころにまだこの大岩たちは残っているのです。何かちょっといいでしょう。
また雪が消えたらもう一回来てもっと近寄って写真を撮りますので。本日のところはこれまで。

猪苗代情報でございました。まだまだ素敵なことたくさんありますので、またのお楽しみに(^_-)-☆


~ゲレンデ情報~ 10時現在
 積雪    90cm
 天候    雪
 気温    0℃
 ゲレンデ  全面滑走可
スポンサーサイト

| 猪苗代情報 | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

思いっきりふぶきに誘われて……

いつもは超青空に町に出かけるんですが……
きょうは、真冬に逆戻り地吹雪に誘われて
猪苗代の町をぶらぶらしてみました。


ふぶき1

神社の脇を抜けて農道に続く細い道を進んでいたときには、まだ穏やかな降りかただったんですが


ふぶき2

しばらくたち、国道に出るころには降り足が激しくなってきました。


ふぶき3

国道沿いに広がるパイプハウスも寒々と肩を寄せ合っていました。


ふぶき4

秋には赤い実で町を美しく彩るナナカマドの木々は、ここのところの暖かさにかすかに枝先を赤っぽくしていたのですが、きょうは身をすくませて、また周りをきょろきょろと眺めていました。


ふぶき5

この冬に幾重にも縞模様をつくった歩道の雪の山に、また新しい真っ白な雪が降り積んでいます。


ふぶき6

雲間から差す一筋の光が、次から次へと降りおりてくる雪のひとひら、ひとひらにあたり、ぼんやりと輝いていました。

へっくしょん! うう……風邪ひきそ

~ゲレンデ情報~ 10時現在
 積雪    90cm
 天候    雪
 気温    -4℃
 ゲレンデ  全面滑走可

| 猪苗代情報 | 22:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日もまたぐっと趣向を変えて、本当にぐっと(^.^)

今日は地域の情報ということで裏磐梯の桧原湖のことです。(猪苗代情報ではないのですが……ははは)
ちょっと珍しい地図
を用意してみましたよ。


IMG_0263.jpg

これは、有名な裏磐梯の地図です。縮尺は見えないんですが、この写真の左端から右端までがおおよそ25キロメートルぐらいかな。左の縦長の一番大きい湖がご存じ桧原湖、その右側にぽつんと小さな湖が曽原湖、真ん中の小野川湖、そして右側の秋元湖です。

これら4つの湖と、それから五色沼の多数の湖沼群(地図では真ん中の小野川湖のちょっと下のあたり)は1888年、今からおよそ123年ほど前に突然できあがりました。言わずと知れた磐梯山の大爆裂ですね。

さて、きょうはこの地図を逆さまに見てみましょう!(^^)!
(地図をダブルクリックすると結構大きくなりますよ)



IMG_0260.jpg

よっこらしょっと。地図を上下ひっくりがえしてみました。
そして、左側半分は上で見た地図と同じ、ほぼ現在の桧原湖の地図です。上方向に磐梯山の山頂があります。そして、右半分は、これはちょっとめずらしい地図ですが、磐梯山の大爆裂(1888年)以前の復元図です。
すごいでしょう、こんな地図を探してきたんですよ(^^♪

写真ではっきりわかるように、この大爆裂により現在の桧原湖ができたわけです。もちろん地図に載っているような道や、それから道沿いに広がっている美しい林などは、この100年くらいの間で、この地域の人たちが苦労に苦労を重ねて整備をしてきたものなんだそうです。そこにはいろんな物語があったようですが、それはまた後の後のお楽しみということにしましょうね(^_^)v



IMG_0261.jpg

念のために、これは現在の磐梯山頂から五色沼、そして桧原湖の南側のズームです。
下の地図は同じ部分の爆裂前の復元図です。短期間の間に、このように形を変えてしまった磐梯山の大爆裂のニュースは、当時余りメディアの発達していなかった時代でも、瞬く間に世界中に広まったのだそうです。



IMG_0262.jpg

現在では、裏磐梯のある北塩原村で、そして磐梯町で、そして猪苗代町で慰霊祭がしめやかに執り行われております。今では、福島県有数の観光地となった裏磐梯・猪苗代地域も、過去にはこのような歴史を持つ、奥の深い魅力あふれる地域なんですね。この財産をいつまでも大切に守り続けていくことが、本当に大切だと思います。


おひな様7

きょうはおひな祭りです。
きょうも祈りたいと思います。
私たち、そして皆様方のお空に
やわらかでしあわせな春がおとずれますようにね(^_-)-☆

| 猪苗代情報 | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと「ばんだい×2」を離れて

先日、出張の帰りに長浜に寄ったんです。

どんよりと曇った天気だったんですが、
国道から湖畔をちょっとのぞいてみたら
岸辺に、白鳥たちがいっぱい集まってきていましたので、
車を駐車場に入れました。するとどうでしょう。


長浜1

どこからともなく黒い点々があらわれて
ワーワーと鳴き声をあげながらこちらに向かってきました。
結構な数のカモです。
ああそうか、長浜は白鳥だけじゃなくてカモも来ているんだなと思い、車の窓からしばらく眺めていました。


長浜2

思いもよらず、たくさんのカモが集まってきています。
あら、あっちからもやってきました。
どうしちゃったの、この数はと、思わず声も出ませんでした。


長浜3

そしてこっちからもワーワー、ガーガー
………… ちょっとね……


長浜4

そっと車のドアをあけて外に出て一枚パチリ
私の車がカモさんたちに占拠されちゃったような感じ


長浜5

かもさんたちから離れて、少し雪の浜辺を歩いてきました。
どんよりとした色で猪苗代湖が広がっています。
まあ、これはこれで美しいといえば美しいですが……


長浜6

こちらでは、はぐれかもさんが一羽、雪の中でたたずんでいました。何か考えているのか、午後からは何をやろうか、何を食べようか、どうしようかって考えているのかな、どうでしょうね。

同じ雪でも、山の中の「ばんだい×2」とは雰囲気もおもむきも随分違うものですね。
ふう、ちょっと一息つけました。さあて、帰ろっかなぁ。



~ゲレンデ情報~ 10時現在
 積雪    90cm
 天候    曇り時々雪
 気温    2℃
 リフト    第1・第2運行
 ゲレンデ  全面滑走可

| 猪苗代情報 | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

また猪苗代湖畔に来てしまいました!(^^)!

吸い込まれるような青い空に誘われて
またまた来てしまった猪苗代湖
白鳥浜は青と、そして白で私を待っていてくれました



猪苗代湖1_convert_20110216201924

空の青と、そして日輪と飛行機雲の白

猪苗代湖2_convert_20110216202022

空の青と、そして磐梯山のいただきの白

猪苗代湖3_convert_20110216202055

湖の青、そして白鳥の白

猪苗代湖4_convert_20110216202128

青、そして白

猪苗代湖5_convert_20110216202204

布引山の青、そして大風車群の白

猪苗代湖6_convert_20110216202238

湖面の青、そして山の端(は)の白

うっとりm(__)m



あ、やばい、時間だ、山に戻らなきゃ

| 猪苗代情報 | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。